看護師

肺がんは免疫療法で完治することが可能な時代

免疫の力でがんを克服

カウンセリング

肺がんはがんの中でも死亡率が高い病気で、通常の治療では手術、抗がん剤治療、放射線療法などが中心になりますが、最近では肺がん治療として免疫療法が注目されています。免疫療法とは、患者さん本人の免疫細胞を使ってがん細胞などの異物を除去する治療法で、がんの場合には樹状細胞ワクチン療法とNK細胞療法の2種類が利用できます。樹状細胞ワクチン療法は、免疫細胞の一種である樹状細胞を使って、リンパ球ががん細胞を攻撃する力を強化するものです。この細胞はリンパ球にがんの特徴を知らせて攻撃させる「司令塔」的な働きを持っていますが、この治療では樹状細胞を体外で増殖し、がんの目印を覚えさせてから体内に戻します。そして、体内に戻った樹状細胞はリンパ球に目印を伝えるので、リンパ球はがん細胞のみを正確に狙って攻撃することが可能になります。NK細胞療法の方は、生まれつき外敵を攻撃する能力があるNK細胞を採血によって体外に取り出し、これを増殖、活性化して体内に戻し、がんを攻撃させます。以上のような免疫療法の利点としては、自分の免疫細胞を使うので副作用が出にくいということや、活性化した免疫細胞を体内に戻すので、再発しにくくなることなどがあります。また、免疫療法はがんのステージにかかわらず利用可能なので、肺がんでがんが進行している場合でも適用でき、さらに他の治療法と併用して相乗効果を上げることも可能です。そして、免疫療法では体に負担をかけず、生活の質を高める可能性も高いので、肺がんの患者さんで体力が落ちていたり、自宅で療養したいと言う人にもお勧めできます。