看護師

肺がんは免疫療法で完治することが可能な時代

医療費制度が利用できます

カウンセリング

治療の場所も選べます

がんの場合は平均的な治療費は50万円〜100万円と言われており、末期がん患者が多いとされる終末期医療費の平均額は110万円程度となっています。この病気は、治療によってかなり費用が違ってきますが、保険が適用されるような治療を行う場合は、高額療養費制度が適用されて上限があるので、これを利用すると良いでしょう。また、末期がんの治療では、緩和ケア病棟に入ることが多いのですが、この場合の費用は定額制となっており、30日以内なら1日につき約5万円、61日以上なら約33000円となります。なお、現在では末期がんは、ケア病棟だけでなく一般病院や自宅で医療スタッフによる適切なケアを受けることも可能なので、これらも選択肢として考えるのも良いでしょう。末期がんで入院する場合には、自宅で本人が使っていて、それを見ると患者さんがほっとするような品物を用意することも、ストレス緩和になる可能性があります。さらに、家族の方の心の健康も大事で、患者さんが少しでも質の高い入院生活を送れるように心がけると同時に、自分達もストレスや疲れを溜めすぎないようにすることも大切です。そして、そんなときは緩和ケアのスタッフに相談してみると、家族の心身の健康に役立つようなアドバイスを受けられるはずです。また、最近では末期がんの患者さんが自宅でケアを受けることも可能ですが、この場合には介護用のベッドを用意したり、住宅の改造を行う必要が出てくることがあります。そのような場合は介護保険の適用が可能なので、公的機関や緩和ケアのスタッフなどに相談してみることをお勧めします。