ドクター

肺がんは免疫療法で完治することが可能な時代

進行に応じての治療

聴診器と注射

諦めない強さ

あらゆる部位に発症するがんですが、中でも厄介なのが肺がんだと言われています。レントゲンや通常のCTでは発見が難しいと言われていて、発見した際には進行をしているケースが目立ちます。また、肺自体が無数の血管が通っているので、手術が難しいという背景があります。ただ、そんな肺がんも近年は治療方法が新たに確立されて来たようです。その代表例が、免疫療法ではないでしょうか。人間にはもともと、自然治癒能力が備わっています。免疫療法は自然治癒力を活用した治療方法で、末期がん患者の回復に大きな効果があると言われています。あらかじめ採取しておいたリンパ球を培養して、体内に戻してやることでがんを退治するメカニズムです。抗がん剤と比べても身体へのダメージが少ないです。そのため、現在では選択する患者さんは増えているようです。もちろん、NK細胞を増やすことも肺がん克服には有効と言われています。肺がんに効果のある抗がん剤は少ないですし、使う上では厳しい副作用がネックになってしまいます。免疫療法は大学病院や総合病院で行うことが出来ます。利用の際には、呼吸器外来で訊ねてみるよいでしょう。自らの細胞で行う治療になるので、拒絶反応の心配がありません。痛みは身体のダルさを感じることもないので、高齢者も安心して受けられる治療となっています。肺がんが他の場所へ転移せず、病気の進行を遅らせるためにも早め医師へ相談し、治療をすることが大切です。

医療費制度が利用できます

カウンセリング

末期がん患者が多い終末期医療費の平均額は110万円程度ですが、この場合は高額療養費制度を利用することができます。また、末期がんの治療は緩和ケア病棟だけでなく、一般病院や自宅で行うことも可能であり、自宅の場合には介護保険も使えます。

もっと読む

大阪で出来る免疫療法

医者

大阪で免疫療法を受ける人が増えている理由として、体力が低下した患者であっても、無理なく治療に取り組めることがあります。また、専門的な資格や経験を有する医師に相談をすることで、納得のゆく治療計画を考えることが大切です。

もっと読む

免疫の力でがんを克服

カウンセリング

がんの中でも死亡率が高い肺がんの場合、手術などの一般的な治療だけでなく、免疫療法を利用することもお勧めできます。この治療法は、樹状細胞やNK細胞などを使って、免疫細胞ががんを攻撃する力を強めるもので、これには副作用が出にくく、他の治療法と併用できるというような利点があります。

もっと読む